電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

”ジルコニア”って、聞いた事ありますか?

2016年2月3日

こんにちは。歯科医師の安藤です。
今回はセラミックに関するお話をさせていただきます。
近年では、審美性の観点から、虫歯治療でセラミックが使用されることが多くなってきました。
しかしながら、”セラミックは割れやすい??”ということを聞いたことはありませんか?
きじま歯科医院では、奥歯の被せ物(詰め物タイプと被せ物タイプがありますが、ここでは被せ物タイプの話をします)で、セラミックを選択された場合には、”ジルコニア”という材料を使用します。
ジルコニアとは、セラミックの1つで、セラミックの中でも一番硬い材料(色調は白色)になります。
ジルコニア円グラフ
このジルコニアという材料を使用することで、今までとは格段に、セラミックの破折(割れること)を防止することができるようになりました。
奥歯のように咬む力が大きくかかるような部位には、ジルコニアをお勧めしています。
また、ジルコニアを作製する際には、データを機械が読み込み、機械が削りだして作製するので、保険の金属と比較して、作製時のエラー(誤差)が少なくなります。
これは結果として、装着する際に、口腔内での調整が少なくなることにつながります。
加えて、金属を使用していないので、身体にも優しい材料であると言えます。
カウンセリングルーム(治療方針などをお話する部屋)にも、実際のジルコニア模型が置いてありますので、興味のある方は、スタッフに遠慮なく聞いて下さい。
<歯科医師:安藤>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院