電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

前歯の歯茎のラインを揃えるには?

2015年4月23日

今回は、上の前歯の部分を審美的に改善した症例を提示します。
①  ②
術前の写真では、左右の歯茎のラインに差があります。
加えて、虫歯が深かったこともあり、この歯の長期的に残していくための可能性を少しでも上げるために歯茎の小手術を行いました。
具体的には、歯茎を切り、その下にある骨を少し削る手術になります。
③
少し難しい話になりますが、歯茎の約3mm下には歯を支えている顎骨(骨)があり、
骨の位置により、歯茎のラインが決まります。(勿論、骨は直接、口の中から見えませんが・・・・)
これを利用すると、骨を削り、骨のラインを修正すると、それに合わせて歯茎のラインも変化してくれます。(骨のラインにより歯茎のラインも決定されます)
④  ⑤
手術後1ヶ月では、まだ歯と歯の間に隙間ありますが、2ヶ月経過すると、歯の間の隙間は埋まってきています。(歯茎は生体の中でも再生能力が高い組織の1つです)
⑥
術前後で左側の歯茎のラインが変化しているのが分かるかと思います。
手術では、歯茎を切り、縫合(糸で縫う)するので、手術当日は多少痛みもありますが、
侵襲がそれほど高い手術ではないため、術後の痛みは軽度で済むことが殆どです。
抜糸を術後10日~2週間で行った後は、治癒を待つだけになります。
今回の症例では前歯でしたが、前歯だけでなく奥歯でも適応可能な処置になります。
<歯科医師:安藤>
審美性だけでなく、歯を残すために様々な処置があることを知っていただければ幸いです。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院