電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

審美外科:ブリッジの欠損部の歯肉整形をした症例

2015年8月10日

こんにちは、院長の喜島です。
今回は、ブリッジの欠損部の歯肉の厚みを外科的に整形して、審美的な回復を行った症例を紹介致します。
ブリッジとは歯を抜歯したりしてなくなった所(歯科では欠損部といいます)に、両側の歯を削って最低3本以上つながった歯の被せを作って、失った歯の機能を回復する補綴物のことです。
歯がなくなった場所は、暫くすると歯ぐきが盛り上がりある程度の骨も回復して治癒しますが、隣の歯のあるところと比べると歯ぐきの幅(下の写真のaの幅)は、小さくなります。
SONY DSC
そこにそのままブリッジをつくって入れるとどうしても歯の欠損部の被せの形が隣の歯よりも長くなってしまいます。
SONY DSC
そこで、左上前歯の欠損部にコラーゲンのスポンジを入れ歯肉の厚みを増やす処置(歯肉幅増成術)を行い、欠損部の仮歯の形を右上の仮歯の形に合わせました。
SONY DSC SONY DSC
術後2ヶ月して、歯肉の形態も落ち着き、術前術後の写真を比較しても下の写真aとbの歯肉の幅も増大しています。
SONY DSC SONY DSC
術前                      術後2ヶ月
そして、最終的な補綴物を作製し4本つながった被せ(ブリッジ)を入れました。
SONY DSC SONY DSC
術前                     術後2ヶ月
この患者様は、矯正も含めた全顎的な処置を行い、左上の前歯の欠損部は最初のプランではインプラント予定でしたが、最終的に患者様の希望を確認してインプラントからブリッジに変更された症例です。
これも、当院で行っているカウンセリングシステムで患者様と治療の経過途中の節目節目に希望を伺っていたからこそ、一方的な処置にならず患者様の要望の変化にも対応出来た症例です。
最後にこの患者様のビフォーアフターをのせて終了致します。
SONY DSC SONY DSC
Before                    After
患者様も最終的に自分の希望を取り入れられて治療が終了し満足いく結果と成り大変喜ばれていました。
患者様の希望をお聴きするカウンセリングの重要性と患者様の喜びの大きさをあらためて感じた症例でした。
<院長:喜島>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
きじま歯科医院24時間予約 きじま歯科医院24時間予約
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院