電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ 2019年7月26日(金)夏まつりのご案内(参加無料) ■■
チャイルドルームでは7月26日(金)に夏まつりを行います☆
開催時刻:10:00~13:00
楽しいゲームが盛りだくさんですよ♪♪♪
ぜひ遊びに来て下さい♪
詳しくはこちら「夏まつりのご案内」をご覧下さい。
ヘッダーオファー

親知らずの抜歯について

2019年1月23日

皆さん、親知らずが痛くなったことはありませんか?
親知らずとは、第3大臼歯の別名です。
だいたい、18歳頃からお口の中に生え始めてくるので、親も知らないうちに生えるところから「親知らず」といわれています。
では、親知らずは、抜かなくていいのか、抜いた方がいいのか、今回はそこの所のお話をします。
●親知らずを抜かなくていい場合
  
上の図のようにまっすぐに生えている状態です。
上下の親知らずがしっかり生えてかみ合っている場合は橋の必要がありません。
しかしながら、このような方は、少なくとも当院に来院される患者様では、ほとんどおられません。
●親知らずを抜かないと行けない場合
  
上の図のように、親知らずがまっすぐ生えずに横向きになっている場合です。
この場合は、親知らずを抜いた方がいいです。
その理由は
①親知らずの所が磨きにくいので、放っておくと手前の奥歯が虫歯になる。
②親知らずの所が磨きにくいので、時々腫れて痛くなる。
③親知らずが、横向きに生えることで前の歯を押すことで、前歯の歯並びが悪くなる。
以上の3つが親知らずを抜歯する場合です。
これ以外に、予防の観点から、上の3つの症状が出る前に、親知らずを抜く場合もあります。
親知らずが痛くて来院擦る患者様も多くおられますが、多くの場合、親知らずが痛い時には、すぐに歯を抜くことはしません。
まずは、痛みの症状をおさえてから歯を抜くことになります。
きじま歯科医院では、口腔外科出身の歯科医師がおりますので、親知らずの抜歯もほとんどは対応出来ます。
気になることがあれば、いつでもご連絡下さい。
<院長:喜島>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
きじま歯科医院24時間予約 きじま歯科医院24時間予約
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院