電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

勉強会での発表

2015年2月2日

先日、定期的に参加している清歯塾(”せいしじゅく” と読みます)という勉強会で
発表する機会をいただきました。
内容としては、院長が、きじま歯科医院での取り組みを話し、安藤が症例報告を行いました。
発表1
症例報告では、大学院時代の研究内容であるインプラントオーバーデンチャー(以下:IODとします)について、症例を交えながら、話をしました。
IODは、インプラントと義歯を組みわせた義歯のことです。
どうしても義歯が動きやすいという患者様に、インプラントを併用することで、義歯の動きが少なくなる効果があります。
IOD
写真では、インプラント上に磁石を付与し、磁石の助けも借りながら、義歯を動きを少なくするようにしています。
インプラント=歯の形になる というイメージが強いと思います。
勿論、数本の歯がない状態では、通常のインプラント治療が有効であると思います。
しかしながら、IODは義歯の形態ではありますが、咬む力(咬合力)も増えるという報告が多く論文で認められ、
近年、無歯顎者(歯の全て喪失してしまった患者様)を中心に有効な治療方法として考えられています。
発表2
参加者の先生からも多くの質問やアドバイスをいただき、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
次回にまた発表の機会をいただいた時も、頑張ろうと思います。
<歯科医師:安藤>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院