避難訓練🪜

皆さま、こんにちは。
歯科衛生士の宮岡です。
もう7月ですね。
梅雨が明けましたが、今年の雨は少なかったですね。

先日、消防訓練がありました。
火事はいつなるのかわかりません。
きじま歯科医院でも起こる可能性は0ではないため、今回訓練がおこなわれました。

まず、講義をスタッフみんなで受けて、火事で1番怖いのは煙だということを教わりました。
その中でも一酸化炭素という成分が無色無臭で、一酸化炭素中毒になってしまうと人体に影響を及ぼし、重症化してしまうと死に至ることも学びました。


その次は消火器を実際に使用しました。
私は今回の消防訓練で初めて使用しました。
使ってみると手順は単純で黄色のピンを抜いて、レバーを握るとお水が出るというものでした。
今回は使用済みのものを使用したので軽かったようですが、実際は消火器自体もレバーも重くて硬いようです。
さらに、煙を避けるように屈んで、お水は火の根元からかけることを学びました。

最後は避難です。
火事が起こったら、何より命優先です。
消防訓練として、今回は代表で植月リーダーが消防へ連絡しました。
避難してから電話をかけているか、火事が起きている現場の住所、建物に取り残されている人はいないかなど聞かれたことに対し、答えていきます。
避難は診療室からの患者役とスタッフ役に分かれて、練習しました。
火事を確認し、煙が入って来ないようドアを閉め、待合室から近い方から避難してもらいます。

上の階も同じく、煙が入って来ないようにドアを閉め、避難します。

火事が起きたら自分の命を優先して逃げる事が大切だと学びました。

<歯科衛生士:宮岡>

吹田 きじま歯科医院

ブログ一覧はこちら

https://kijimadc.com/category/blog/

PAGE TOP