院長紹介

院長喜島 裕剛(きじま ひろたか)

経歴

昭和36年7月25日
大阪府吹田市生まれ
昭和62年3月
大阪歯科大学を卒業
昭和62年4月
大阪大学歯学部附属病院・口腔外科学第一講座
平成4年
大阪市西区で、きじま歯科医院開院
平成11年
吹田市佐井寺南が丘に移転し、開院
血液型
A型
趣味
テニス・オーディオ
ひとこと
難しい症例でもお任せ下さい。お気軽にご相談下さい。

所属

1991年3月
IMZ インプラント実習受講
1991年6月~1992年8月
臨床歯科ポストグラデュエートセンター Balanced Centric Occlusion
ベーシックコース、アドバンスドコース、修了
1997年
PIO国際歯科センター 第3回ペリオレベリングコース修了
2001年2月~5月
吉田先生 矯正セミナー イワシの高校コース
2009年8月
日本アンチエイジング歯科学会 会員
2011年7月
Invisalign Training Course Ⅰ 修了

院長からのメッセージ

人は同じように生まれてくるのになぜ体に障害を持って生まれてくる人がいるのかがわからなかった。
だから、いつからか障害のある人も平等に生き、幸福になれるよう、自分に何か出来ることはないか?
と考えるようになりました。

はじめは手足の再生などを考えましたが、それから次第に歯の再生の技術の素晴らしさに魅了され、歯科医師になることを決意したわけです。
そして今は再生、治療することも大切ですが健康なものは健康なまま「予防」していくことが多くの方の幸福につながるということにも気づきました。

そんな私が開業したこの「きじま歯科医院」に集った多くの仲間達。
私はこのメンバーにいつも同じことを言う。
「相手が幸福になる方を選択しろ」と…。
これからの医療はサービス業であり続けなければならない。
ならば、医療人としてサービスを極めるのではなく、歯科という分野を離れても通用する人材であって欲しいと願うからです。

相手の幸福を願い、相手が何を求めているかを考え、優しい誠意ある行動をとれるものこそが徳のある人だと私は考えます。
ただ、痛みを取り除くだけの治療、技術のみを追求した自己満足の仕事では患者様の心の痛みにまでは気付くことはできません。
だから、暖かく迎え入れ、思いやりある応対のできる今のメンバーには心から感謝をしています。
それは、私が幼い頃わからなかった自分が生まれてきた意味、それを今のメンバーが作り上げていってくれているように思うからです。

きじま歯科医院の医院理念、

それは「人と人の間に生まれる優しい気持ちを医療に繋げること」なのです。

当医院ではスタッフ全員が、患者様とのコミュニケーションを大切にします。
患者様のご希望や症状をよく把握した上で治療に入ります。
どなたにも安心して通って頂ける歯科医院・歯医者を目指しています。

スタッフ紹介

マネージャー・医療カウンセラー榎本 明子(えのもと あきこ)

血液型
A型
趣味
旅行
ひとこと
一人一人の出逢いを大切にしたいと思います。
笑顔で帰って頂ける様頑張ります。

歯科衛生士

宮岡

浜井

利川

上山

福元

医療カウンセラー

鈴木

植月

PAGE TOP