電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

前歯のインプラントと保存修復の併用症例

2017年5月12日

こんにちは、院長の喜島です。
今回は、インプラントとレジン充填という詰め物で修復をして審美的に処置をした症例を報告します。
患者様は奥歯がなく、前歯だけで噛む習慣が長く続いていたので、前歯が広がってすきっ歯になって
いました。
その前歯(側切歯)が破折して、抜歯した後、インプラントで処置した症例を紹介します。

インプラントの土台を入れた状態です。となりの歯との隙間が結構あります。
そこで審美的に回復するためにバランスをとるためにインプラントのを作製したあとに両隣の歯を
レジン充填で修復するプランとしました。

インプラントのかぶせを入れた状態です。

予め模型上で両隣の歯をバランスの良い形態にして作製しておき、その形態をシリコンで枠取りして、
口腔内で直接レジン修復します。
上の写真は右隣の歯(犬歯)を修復したあと左の前歯をシリコン枠をあててレジン充填で修復中の写真です。

インプラントのかぶせを入れてバランスの取れた形態に修復できました。

処置前➡処置後の比較写真です。
患者様は気になっていた見た目も綺麗になってとても喜ばれていました。
この症例はインプラントでなければ、両隣の歯を大きく削ってブリッジにするか1本だけの取り外しの入れ歯になってしまう症例ですが、欠損した歯の所をインプラントで処置することで、元からある歯はそのまま活用してあまり削らずに修復することができた症例でした。
「元の歯のむし歯をできるだけ削らずにするにはどうすればよいか」を考えて処置することを歯科ではミニマルインターベンションといいます。
ちょっと難しい言葉ですが、きじま歯科医院では患者様の歯を処置するときにつねにこの考え方を念頭に治療プランを立てています。
歯でお悩みの方はまたいつでもご相談下さい。
<院長:喜島>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院