電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

子供の虫歯

2021年1月21日

今回は子供の虫歯治療の必要性についてお話しさせていただこうかと思います。

乳歯は虫歯になっても抜けて大人の歯に歯に生え換わると、虫歯はなくなりリセットされます。
ということは乳歯の間の虫歯治療は必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは一度考え直す必要があります。
なぜならば乳歯の間の虫歯の多さ=その人の虫歯菌の多さということになり大人の歯に生え変わっても虫歯になる確率が高くなります。

ということは乳歯の間に虫歯を治療せずに放置している人は永久歯に生え換わっても虫歯になりやすくなります。
逆に乳歯の虫歯を早期治療してお口の中を清潔に保っていれば永久歯になっても虫歯にはなりにくくなります。
もちろんその時々の歯磨きの状態によって虫歯のなりやすさが左右される点は大きいですが、幼少時代だけでなく中学・高校・大学・成人と長い目で見たときには乳歯の虫歯治療・お口の中を生活に保つという習慣づけはしておいた方がいいかと思われます。

なにより小さいお子さんが虫歯で痛がっている、ご飯を食べにくそうにしているという状況は早めに解決していってあげましょう。

<歯科医師:川島>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院