電話する

地図

問い合わせ

メニュー
【新型コロナウイルス感染症の対応について】

1.受付にて、新型コロナウイルス感染が疑われる症状の有無を確認させていただいております。(発熱、諸症状について)

2.37.5度以上体温がある方の診療はお断りさせていただいております。

3.待合室ソファ・ドアノブ・手すりは、持続型消毒剤と次亜塩素水で一定時間おきに清拭しています。

4.待合室・診療室内には空気清浄機を設置し、常時稼働しています。
  また、加湿器に加えている水は、ウイルスに対して効果のある次亜塩素水などを使用しています。

5.定期的に室内の換気を行なっております。

6.受付のスタッフはマスクをつけさせていただいております。
ヘッダーオファー

歯の挺出(ていしゅつ)治療

2018年3月16日

こんにちは。歯科医師の安藤です。
今回は、歯の挺出(”ていしゅつ” と読みます)に関して、説明します。
挺出とは、虫歯が深くまで進行した歯(具体的には、歯茎より下の部分まで進行した歯)が、
治療対象になります。(図の青矢印のような状態の歯)

抜歯の可能性もある歯に対し、歯を引っ張り出すことにより、歯を保存していくように図る処置
なります。
治療方法としては、模式図に示すように、挺出させたい歯の両隣の歯に対してワイヤーを通し、
歯の中にもフック(ワイヤー)を入れて、力をかけて歯を引っ張り出します。

挺出の際は、ワイヤーの手前に仮歯をくっつけて、なるべく審美不良にならないようにします。
(図の青矢印)

術前(挺出前)および術後(挺出途中)のレントゲンを提示します。
 
術前では、AとBの歯の根の先端の位置に差がありますが、挺出を開始すると(Bの歯を挺出させて
います)、AとBの歯の根の先端の位置が同じくらいになっています。
これは、Bの歯が引っ張られてきたことになります。
この処置は保険対象外になりますが、歯の保存を極力図る処置ですので、非常に重要な処置に
なります。
治療に対して必要な場合には、提案させていただくこともあると思います。
疑問点は、しっかり聞いていただければ幸いです。
<歯科医師:安藤>

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0196471411へ

診療時間
9:30〜18:00
/
/
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
きじま歯科医院の外観
フッターオファー
© 2018 きじま歯科医院