🌖 ほめられ方 ①🍡 チャイルドルーム

こんにちは、保育士の槇野です。
朝、夕と少しの温度の変化で、虫の鳴き声が秋らしく感じさせられています。
温度調節が難しくなりますが、引き続き体調管理をして行きましょう〜

少し前から、拝読させていただいています。

この本は、いつも講師をしてくださる岡田先生の話も引用させていただいています。
「もともとできたことでも上達をほめられるとうれしい」

いつも叱ってばかりでほめるところが見つけられない。
どんなことをほめたらいいのか分からない。
……ことがありませんか?

チャイルドルームでは、0歳〜小学2年生までお預かりしていますが、少し大きくなるにつれて、「片付けないんです!」
「友達と仲良くできません!」と言われる時があります。
そこに、ほめる言葉が出てこないと言うことです。

様子を見てみると、おもちゃの取り合いもしますが、一緒に「はい!どうぞ!」ができた時、お片付けしようとした時、順番を待てた時など、些細な事かもしれませんがこの言葉が活躍します。
その言葉とは、
1.すごいね
2.さすがだね
3.いいね
の3つになります。
出来るだけ短く、明るくさりげなく言ってあげてください😊
子ども達は嬉しそうにしてくれます。

ほめられて嫌な気持ちになる人はいないと思います。
これは大人も一緒だと思います。
ですが、わざとらしく言うと子どもは、意外と敏感で察してしまいます。

ほめることでプラスの気持ちになってくれるので、またチャイルドルームに来て楽しかった〜と思ってもらえるようにしたいと思います。
機会があればぜひ試してみてください。

<保育士:槇野>

関連ページはこちら

https://kijimadc.com/childcare_services/

吹田 きじま歯科医院

ブログ一覧はこちら

https://kijimadc.com/category/blog/

PAGE TOP